Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フランスのシャルル・ド・ゴール空港で預け入れ荷物の回収忘れ騒動【2017年度】

フランス

毎年5月は、ひらのたけしさんとフランスに行っています。

2017年のGWも、ひらのたけしさんとフランスのシャルル・ド・ゴール空港で落ち合う形で関西空港を出発。
そう、飛行機に乗って着くまではなんの問題なかった。

問題はシャルル・ド・ゴール空港に到着したあとのこと。
トランクの回収場所が見当たらず、気づけば入国審査を通ってしまい、空港内に戻れず回収できなくなって思いっきり焦る。

ほんごう
ほんごう

あれ?トランクって入国審査の後に受け取るんだっけ!?

普通に考えたらそんな訳ないのだがパニックに陥ると混乱に拍車が掛かる。
さながらネズミに出会ったドラえもんの如きパニックぶり。

問題が発生した場所はシャルル・ド・ゴール空港のターミナル2エリア。

先に着いたひらのさんはターミナル1で待っていたのだが、このターミナル1までの移動にも難儀した。

なにせヨーロッパでも最大級のハブ空港、ターミナル間が遠いので空港のエアポート電車で移動するけど、ターミナル2→ターミナル3→ターミナル1と数字の順序がバラバラと混乱を招き、なんとかひらのさんの元にたどり着いたのは税関を出てから1時間後のこと。

事情を説明し、まずは当初の予定通りレンタカーを借りてターミナル2に戻ったが、車を停めるにも駐車場を使わねばならず、これがまた料金が高い。

1時間も停めてめていなかったのに1,000円以上は取られてしまった。
クレジットカードを使うことでなんとか乗り切ったは良いんだけど。

税関出口にいた係員にひらのさんが英語で事情を説明してくれたところ、パスポート表示とサインを署名して入れた。

預け入れ荷物預かり所まで向かったら、奇跡的に自分の鞄が預かり所にあったので受付に身分証を見せて受け取り申請。

やっとトランクを回収できたけど、この時点で税関を出てから3時間は軽く経過していた。

ひらのさんの嫁さんであるローラさん(フランスの方)の実家へは車でさらに3時間かかる距離だったので、

ほんごう
ほんごう

迷惑かけてすみませんでした!
ここからは運転しますので車内でゆっくり休んでください!

と言って運転しようとしたところ、今回最大級の問題に気づいた。

国際免許証を日本に忘れてしまったのだ。

結局、全く関係のないひらのさんには待ち時間ふくめて合計6時間以上の負担を強いる形になり、スゴく申し訳ないことをしてしまった。

反省!w

 

ひらのたけしさんのフランスサイトもよかったらご覧ください。

フランス・シャンパーニュ田舎暮らし
知ってもらいたいフランスの田舎宿 シャンパン発祥の地として有名なシャンパーニュ・アルデンヌですが、シャンパン以上に有名なことがあります。 それは「広大な平地が広がる、森と水の国」なんです。大自然に囲まれた生活が何百年前も前から続き、時間の流

コメント