Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

不特定多数に向けて喋ること

Deaf(デフ・聴覚障害)
私みたいなDeaf(難聴・聴覚障害者)でも、不特定多数の大勢に向けて話す機会はたくさんあります。
サークルなどの交流会、バーベキュー、会社のプレゼンテーション、発表会などなど。
1対1なら通じることも、1対多数だと通じないことは多々あるので、どう対応しているのかをまとめてみました。

周りの状況を確認してベースを調整する

不特定多数に向けて一番気にしていること、それは自分ひとりのベースで進めないこと。
たくさんの視線が自分に注がれるので、ついテンパって早口になってしまうんですが、こうなると理解できるのは一部の方だけで、他の方は何を言っているのか分からない、というパターンになってしまいます。
なので一旦深呼吸して、自分ひとりのベースで進めていないか?と落ち着かせ、ゆっくり喋ったり、手話の表現をオーバーにして、10m後ろの人にも分かるよう行動を心がけています。
宴会のように無茶ぶりされるならともかく、たいていは話す内容を事前に準備しますが、1から100までミッチリと一言一句間違えずに紙に書いて準備するということは、結婚披露宴のスピーチぐらいで、それ以外はあまりないです。
その方が自分の個性が伝わると思うからです。
※結婚披露宴で例えたら主役の新郎・新婦を差し置いて自分の個性をグイグイ出しすぎてくるのもウザったいですよね。
もちろん緊張することもありますが、むしろ準備しすぎてもイレギュラーは発生するし、慣れがないといつまで経ってもマニュアルどおりしか出来ないので、あえてそういった環境に身をおいています。

起結承転結を意識して話す

自分はどっちかといえばプレッシャーに弱く、会話も文章も苦手なのに、行動までがんじがらめにしてしまうと、失敗するのは目に見えているので、承転(起承転結ではないですよ!)を念頭にしたアドリブを重視しています。
前項でも似たことを述べましたが、不特定多数に向けて述べる場合は、言いたいことを最初に持って印象づけ、最後にもう一度言いたいことを繰り返します。
そのためにも話の要所(キーワード)を抑えています。
そうしないと、いつまでもダラダラ話すことになるので、気をつけています。
プレゼンテーション経験は学生時代と会社の時ぐらいで、友達との付き合い以外では大勢に向かって話す機会はそんなにないんだけど、こういった話し方を日頃から意識するかしないかで、聞く人の受け止め方は変わるんじゃないでしょうか。
まあ、もともとお気楽な性格だから、何も考えずにベラベラ喋る方が楽なんですけどw

コメント