Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

本郷が健聴者と話す時に気をつけること

Deaf(デフ・聴覚障害)
私はDeaf(デフ・聴覚障害者)なので、健聴者と話すときに一番気をつけているのは、ゆっくり話すこと。
自分自身が話下手ということもあり、「相手に情報を正しく伝えないといけない!」と焦って早口言葉になってしまうんです。
どのぐらい早いのかと言うと、健聴者の方が通常で喋るスピードの1.5倍ぐらいの速さらしい。
しょーもないレンタルDVDを借りてしまったので倍速で早送りするレベルですね。
ただもっと問題なのは、発音
2歳時に聴覚を失った中途難聴ということもあってか、発音も健聴者と違ってDeaf(デフ・聴覚障害者)独特の発音だそうです。(自分では認識できない)
昔からの友人や付き合いで慣れた人ならまだしも、ほとんどの初対面の人は外国人に急に話しかけられたように、どう対応したらいいんだろう?と対応に困惑しながら聞き返してくるので、冒頭で述べたようにプチパニックに陥ってしまうので、相手は「結局何を伝えたいの?」と呆れられるという、悪循環にハマってしまいます。
こういった悪循環を避けるべく、人と話すときは、まずゆっくり話すことそのものを意識したところ、初対面の人とは以前よりは怪訝な顔をされることは減りました。
発音に関しては一朝一夕で治らないですが、こういったできるところから改善してコミュニケーションの改善を図り、手応えを感じるのも楽しいです。
以上、Hongoが健聴者と話す時に気をつけるべきポイントのひとつでした。
次は話す時の組み立て方について解説します。

コメント