Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【タイ】Deaf(デフ・難聴)でも簡単に宿泊の予約ができる!タイの宿泊ホテル予約に便利な「agoda」の使い方と方法を説明

タイ

タイのホテルは日本に比べると物価が安く、ホテルも安いです。
どのぐらい安いかというと、日本のビジネスホテル料金の半分以下という安さ!
場所によってはなんと500円で泊まれる場所もありました。

都心でも5,000円を出せば、日本の一流クラス並なホテルに泊まれるんです。
とはいえ場所によって値段のバラツキが激しくて、安く泊まるとなるとかなり絞られました。

そこで私が使ったのは「agoda」。

タイ滞在時非常にお世話になりました。
このagodaを使えば、タイでも現在地から近隣の安い宿もリアルタイムに探せます。
時間による割引もしてくれるのは嬉しいところですね。

agodaを使って滞在中は「安く泊る!」を目指すことにします。

コワーキングスペースを兼ねたBackpackStation

タイの中心地から外れて駅から徒歩15分のコワーキングスペース兼ドミトリー宿で、タイに来たらずっとここに泊まってもいいと思うレベル。

BACKPACK STATION
24-24/1 バンコク タイ 10260

都心から離れているだけあってか、歩道が凸凹で整ってなかったり、街ゆく人が生活じみていて、田舎の雰囲気がありましたが、BackpackStationそのものは綺麗で、シェアハウス&カプセルホテルといった趣(おもむき)でした。

顔に似合わずシャレオツなところで仕事しているっしょ?w

非常に早いwifiが繋がって仕事がしやすかったのが最大の特長でした。
agoda以外にもいろいろ泊まったけど、個人的にタイでBEST3に入る宿。


BACKPACK STATIONの予約はこちら >>

バンコクの高級ホテル ドリーム ホテル バンコク (Dream Hotel Bangkok)

最初にagodaを使っていたとき、貨幣設定の変更を忘れたままホテルの室内写真を見て、

ほんごう
ほんごう

こんなハイグレードなホテルが2,000円台で泊まれるの?!やっすう〜い!

それ以上なにも調べず予約確定をしてしまったのが運の尽き、その後届いた請求書メールをみたら、決済が円じゃなくバーツと気づく始末。

日本円だと約3倍の8,000円!

アホなやらかしをしてしまいました。(泣)

ドリーム ホテル バンコク (Dream Hotel Bangkok)
10 Sukhumvit Soi 15, Klong Toey Nua, Wattana バンコク タイ 10110

agodaはキャンセル不可なので、「安く泊る!」という趣旨から外れてしまった…まあ自己責任だね。

でも高額なだけあって部屋のレベルが滞在中最も高かったですよ、部屋にはフルーツまで置いてあったし、机とかもオシャレでした。

受付で最初にデポジットとして1,000バーツ(約3,000円)を別途支払ったので、

ほんごう
ほんごう

この1,000バーツちゃんと返してくれるんやろか…?没収されへんよな…?

ホテル側からすれば、ホント来てほしくないセコい客やねw

それでも翌日のチェックアウト時にちゃんと返してくれました。
さすが高級ホテル!そこにシビれるあこがれるゥ!


ドリーム ホテル バンコク (Dream Hotel Bangkok)の予約はこちら >>

番外編:セントール イン ホテル (Centaur Inn Hotel)は1,000円以下で宿泊可能だけど設備がヒドイ

何かと安いタイでも、万年金欠なホンゴウとしては抑えるところは抑えたいもの。

先述した日本円とバーツをやらかしてしまったということもあり、もっと安い宿がないか探したところ、15分離れた場所に日本円で1,000円以下という格安なホテルがありました。

セントール イン ホテル (Centaur Inn Hotel) agoda
448-448/1 Soi charoeng Krung 47,Surawongse Road,Sripraya, Bangrak バンコク タイ 10500

予備知識なしで泊まってみたところ…怪しい外観。

写真下に「High Speed Internet」ってありますが、実際に泊まった部屋の2Fにはほぼ届かず、1Fの食堂でずっと仕事するもsimフリーでデザリングしたほうがスピードが早かったレベルでした。

この時はまだ「agota」の使い方を知らず、事前にクレジット払いで済んだと思っていたら、若いスタッフのお兄ちゃんが

アンリ
スタッフ

お客さん、前払いなので料金を払ってください〜

ほんごう
ほんごう

えっ?agodaでクレジット払いしましたよ!

無用なトラブルは避けたかったので、ひとまず現金で払ってあとでagotaを確認したら、agotaはクレジットだけじゃなく現金払いでないとダメなのも登録されているんですね…思い込みはダメだね(泣)

後で謝ったところ、

ほんごう
ほんごう

お兄ちゃんゴメン…俺が間違えてたわ

アンリ
スタッフ

イイヨ!気にしない!楽しんで!

スタッフの若いお兄ちゃんは気さくな感じだったのが救いでした。

とはいえ肝心の室内に関しては色々ガタがきており、

  • 水しか出ないシャワー
  • 汲み取りで流すタイプのトイレ
  • ガタガタのドアノブで盗難が怖い
  • いつ洗ったの?と思えるほど穴だらけのシーツ
  • どこからともなく漂う異臭
  • 前の客が置いていったであろう、ゴミが放り込まれたロッカー
  • エアコンなし。あるのはフタのない羽根がむき出しの扇風機
  • ガタガタと音を立てて、いつ落ちてくるかわからない天井のファン

これでもか!とツッコミだらけの安宿の要素を満たしたものばかりでした(泣)
お兄ちゃんはいい人だったけど、泊まるならある程度のグレードを求めたほうが安心だね。


セントール イン ホテル (Centaur Inn Hotel) の予約はこちら >>

まとめ

意図していなかったとはいえ、今回は見事に3パターンの宿泊地に泊まれたのは良い体験ができたと思ってます。

・激安ホテル
・中間ホテル
・高級ホテル

高級ホテルが良いのは至極当たり前だけど、宿の楽しみ方もそれぞれあって、人によりけりだけど、快適さを求めるなら素直に高級ホテルに泊まることをオススメします。笑

タイ・バンコク周辺の他宿泊地は以下からでも検索できますよ!

タイ関連記事一覧

【タイ】デフ(難聴)でも利用できた交通手段のオススメ

【タイ】Deaf(デフ・難聴)でも簡単に宿泊の予約ができる!タイの宿泊ホテル予約に便利な「agoda」の使い方と方法を説明

【2018年最新版】タイの新しい入国カード・出国カード(tm6)の書き方はこれで大丈夫!イミグレーションのカード記入例

コメント