Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

知ってほしい難聴の種類! 加齢と聴覚障害者の違い

Deaf(デフ・聴覚障害)

私の難聴は重度難聴。

ただこの辺の説明が難しく、健聴者によく勘違いされる。
健聴者が私に対して対応してくれることでありがちなのは、
声を大きくすれば伝わる
ということ。

ただ、耳元で大きい声で言ったりしてくれるのだけど、全然伝わらない。
なぜ伝わらないのかというと、
音を認識する前に難聴になったから。

音を認識するとは

音の認識ってどういうこと?と思われるかもしれない。
例えるなら「 あ 」が「 は 」に聞こえたりする。

健康な方であれば物心がつく前からから会話を重ねているので、学習している認識(記憶)がなくても、自然と音を認識、日常会話をこなしているだろう。
※方言や吃音などは別とする。

ところが聴覚障害、すくなくとも私の場合はそのチャートを踏んでいない。
正しい音を認識できないのだ。

さらにいえば、音の認識は補聴器に頼っているので、健聴者の方と「聴こえ」が異なることがある。

「あのボーカル、ハスキーで渋いね〜!顔もアタクシ好み〜!」

と言っている人がいても、音の認識が基本的に異なるから、何が良いのか分からない。
もちろん顔の好みなんて知ったことじゃない。

老人性の難聴と障害者の難聴の違い

老人にありがちな加齢による難聴と障害による難聴は大きく異る

多くの年配は加齢を重ねることに聞き取り力が弱くなるのだが、それまでは聴こえていたので、音の認識ができる。
このため、難聴にみえても耳に入ってくる音を大きくする=大きく音量を上げれば大抵は伝わる。

障害者の私の場合は重度難聴

音の認識自体ができない。
補聴器をかければ音量を上げると音自体は入ってくる。
ただし、何を喋っている言っているのかは分からない。
このため、電話やMP3など音楽の歌も素で聞いても把握できない。

音の高さも認識しづらいので、カラオケなどでは音痴。
AKBやエクザイルなんて歌詞がないと、いまどこを歌っているのかわからない。
ただ歌うこと自体は好きなので、音痴だろうが気にしてないが。

勘違いしないでほしいのだが、聴覚障害者みんなが私と同じではない。
カラオケがうまい聴覚障害者だっているし、ダンサーもいる。

同じ聴覚障害なのに、なぜ違うのかというと、聴覚障害の種類が異なる。
大きくまとめると下記にわかれる。
※大雑把にまとめただけなので、細かいところはまた別の機会にまとめてみたい。

  • ①伝音性難聴・・・音が聞こえにくい、言葉が言葉として捉えにくい
  • ②感音性難聴・・・老人に多い。音が小さく聞こえるようになる(小さい音に気が付かなくなる)、言葉が言葉として聞こえにくい
  • ③混合性難聴・・・①②をあわせたもの

ドラクエ風にステータス別でみる聴覚障害

ドラクエ風に分かりやすくステータスで分けてみたので参照になれば、ありがたいです。

■Aさん
職業:健聴者
音の高さ認識:230
音の認識力:217
電話:スマホ・ガラケー装備可
リスニング:230
リズム:200

■Bさん
職業:軽度の聴覚障害者(感音性難聴)
音の高さ認識:180
音の認識力:120
電話:音量が大きい電話のみ。
リスニング:80
リズム:150

■ほんごうひろあき
職業:あそび人
音の高さ認識:10
音の認識力:5
電話:装備不可
リスニング:10
リズム:50
妄想力:255

妄想力って何?ノーコメント。

コメント