Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

健聴者にとって聴覚障害者はどう映る?

先日健聴者の友人とサシで飲んだとき、初めて出会った時の話になったので当時の印象を聞いたところ、

ほんごうは発音は聞き取りにくいし、早口ということもあって、会話がわからず恐怖を感じた!

けっして差別意識からの発言じゃないので、早とちりされないように。

ストレートにモノをいう人だからこそ、普段は言わないことを正直に言ってくれているんだというのは、よく分かっていました。

例えばみなさんも、馴染みのない外国語、例えばアフリカやアマゾンなど未開地の住人から話しかけられたら、戸惑いなくスムーズにやり取りできるでしょうか?

ほとんどは、どう返したらいいのか分からず、プチ・パニックになると思います。

友人が感じた恐怖というのも、そのパニックに対する恐怖であって、私個人に対する恐怖とはまた意味合いが異なります。

これは私にとって、まったく思っても感じてもいなかったことでした。

ホンゴウは人見知りするタイプだけど慣れたらしゃべりまくるタイプ

そもそも私は初めて会った人と、めったに仲良くなれるタイプではないです。たいてい塩対応で完結してしまいます。

それがたとえ有名な人だろうが、個性派なアーティストだろうが、社長だろうが、パチスロのオッサンだろうが、聞こえないとわかると同じ対応をされたら

ほんごう
ほんごう

あー、またこのパターンね。

と興味がなくなってしまうんです。

失礼ながら顔やスタイルが違うだけで、同じ返答をするコンピュータを相手にしている印象をもち、相手に対して興味を持てない、他人に無関心というものでしょうか。

その友人の話を聞いて感じたのは、自分が意図していないにせよ相手に対して威圧感?恐怖感?を与えている存在になっていたことです。

仲良くなったら年上だろうが年下だろうが気にせず話したり、からかわれたりするんですが、やっぱり最初に会う人はそこまで受けとれないんだろうなと。

かといって、相手に合わせて自分を変えるなんてのは苦手です。
いや、今まで悪い意味で八方美人な対応をしていたとも今は思えます。

今後はどうするか?

上記でも書きましたが、ホンゴウは自他ともに認めるほど単純な性格をしてるので、人に合わせて性格や態度を変えるなんてのは苦痛でしかないんです。

そういうと、

自分の思ったどおりに行動すればええやん!

年齡を重ねるごとに、自分の中で勝手に自分の像を作り上げていたんでしょうね。
小学生でもできることだと思われる人は、はたして自身に対して正直に生きていられますか?

取引先や大事な人に対してはいつもの自分より背伸びしたりしていませんか?

意識してないにせよ、自分より劣っているとみるや見下したり態度を変えたりしていませんか?

そういった行動に疲れていませんか?

その友人の話を聞き、ありのままの自分でいようと思いました。

コメント