Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

いびきの被害を実感しよう!対策と改善・予防まとめ

自分のいびきを認識している方って、どのぐらいいるんだろう?

ホンゴウは恥ずかしながら、いびきの常習犯で泊まるたびに数えきれないほど同室の方に迷惑をかけて来ましたが、それでも皆さんの好意でなんとか乗りきってきました。

しかし、オッサンになるにつれて、いびきが悪化、被害も増大し、近年では同室者が殺意を抑えるために風呂場に逃げこんだり、あげくベッドごと風呂場へ隔離させられたりと、人権無視(?)されるパターンが増えてきたんですね。

旅で一緒に行動している以上、みんなでお互いぐっすり眠りたいもの。

ネットで検索すると、同じような悩みを持っている方が多くいましたので、どのように解決しているのか、もろもろ調べてみました!

いびきはどういう人がなりやすい?

たいていはアゴが小さい人がなりやすいともいわれているけど、主に肥満の人や風邪をひいて扁桃腺が大きくなって、呼吸の気道(のどの通り道)を圧迫する人が、いびきになりがちです。

ホンゴウの場合は、あきらかに前者、肥満が原因だね…。

いびきのデメリット・リスク

いびきをかくことでどのようなデメリットがあるのか、ということを正しく認識するべく一覧をあげてみました。

  • 騒音障害…まわりが眠れない、いちばんよく知られている迷惑な症状。
  • 睡眠時無呼吸症(SAS、サス)…寝ているときに無呼吸に陥って生活習慣病になりやすい。
  • 扁桃腺炎…のどの痛みから湿疹などを引き起こす。
  • 免疫力低下…扁桃腺炎を起こしやすくなったり風邪をひきやすくなる。
  • 口内炎…口の中が痛くて食べ物が食べにくくなる
  • 歯臭病など口臭の悪化…話している相手から「クサッ!」と言われる。特に女の子相手にいわれると精神的ダメージがデカイ。

…予想以上にヒドイ!いびきで良いことなんて、何ひとつないね!

いびきの改善・予防に向けて

ダイエットで痩せて扁桃腺あたりをスッキリする

現在進めていますが、すぐに効果が出るものではないのでスルー。

枕を変えてみる

家の枕だったら問題ないけど、旅先やノマドまで枕を持っていけないので、これまたスルー。

いびき防止サポーターを買う

いちばん最短でできる方法として、Amazonで買ったのが、このアゴを固定するいびき防止バンド。

Amazonで安く売られていたので思わず買ったんですが、これのおかげでだいぶイビキが緩和されたといわれました。

頭頂と後頭部を強めのマジックテープでシッカリ貼り合わせ、寝ても無意識でアゴが開かないようにするサポーターです。

ただしメリット・デメリットありましたので、記しておきます。

アゴ固定いびき防止サポーターのメリット

  • いびきが緩和される
  • 軽いのでノマドや旅先への持ち運びに困らない
  • 装着しやすい
  • 朝起きたらノドがイガイガしない

いびきによる弊害を大きく抑えられたので、ダイエットとあわせて使用していきたいと思います。

アゴ固定いびき防止サポーターのデメリット

  • しっかりセットしないと外れる
  • 枕によっては違和感を感じる
  • 夏場など蒸れるときはウザい

いびき防止サポーターは頭皮にピタリとくっつけるので、敏感な皮膚が「外せ!外せ!」と悲鳴をあげるわけですが、仕方ないですね。

痩せられるまでガマンします。

まとめ

他人と共同で生活していたりすると、いびきの弊害でストレスがお互いたまります。

幸いというか、ホンゴウはDeaf(デフ・難聴)なので、寝るときは補聴器を外しているので、他人のいびきが聞こえないだけに、いびきの弊害をイマイチ把握できなかったともいえます。

旅先ではみんなで楽しく行動したいもの。

いびきに悩まされている方、これから旅に行かれる方。
いびき防止サポーターで人間関係を円滑にしていきましょ!w

コメント