Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドイツのフランクフルト空港へ向かうはずがマンハイムへ向かってしまった話

フランスから日本への帰国時、トランジットのためドイツのAirbnbで一泊後、フランクフルト空港に余裕を持って着くよう、飛行機の出発時間3時間前に宿を出てフランクフルト中央駅へ向かう。

フランクフルト中央駅と空港までは電車で大体15分ほど。

ドイツでの電車の乗り方は紆余曲折で大体分かってきたこともあり、フランクフルト中央駅は日本と違って改札口がなくて自由にホームを出入りしているから「無賃乗車できるんちゃうん?」なんてことを考えながらキッチリ電車のチケットを購入して駅構内へ入る。

普段そそっかしい性格なのは自分でよく分かっているつもりだったが、この時も油断して注意力が落ちたのが仇になった。

すでにタイトルでオチが出ているが、乗る電車を間違えてしまったのだ。

オチはすでに言ったが、続けさせていただこう。

Googleナビは乗り場まで案内してくれるので、時間通りに来た電車に乗る。

ほんごう
ほんごう

さすがは世界のGoogle先生!到着時間も正確やん!

Google先生を称賛しつつ、電車に乗ってしばらく窓の外を眺めれば、なぜか猛スピードで窓の外をフランクフルト空港が通過していく。

ほんごう
ほんごう

あれれー!おかしいぞ!?

コナンをマネしてる場合ではない、血の気が引くほど青ざめるも、すぐ次の駅ですぐ乗り換えれば良いか!と思ったが…。

いつまで経っても電車が止まらず車内の様子をよく見れば、どうも普通の電車にしては内装が豪華であること、ここで特急に乗ってしまったことが判明した。

ほんごう
ほんごう

まずい!飛行機のフライト時間に間に合わない!!

そんな焦燥をよそに、いつまでも快速スピードで走り続ける電車、隣に座っているドイツマダムらしき淑女に翻訳アプリで尋ねたところ、

この電車はマンハイム行きよ

なんてこった…フランクフルト空港からすごく離れてるじゃないか。

ゆうに20分近くは乗っていただろうか?
ついに恐れていた車内で車掌が特急切符の確認に来る、当然切符なんて持ってない。
このまま不審者として鉄道警察に突き出されるのか…?

ほんごう
ほんごう

ええい、ナムサン!!

猛烈に焦ったホンゴウをみて事情を察した隣のマダムが、横から車掌さんに説明してくれ、よくあることなのか、車掌さんはニッコリ笑顔で

大丈夫ですよ、このチケットでお帰りなさい。

と戻りの切符を無料で手配をしてくれた上に、帰りの電車番号まで親切に紙に書いて教えてくれた…地獄に仏とはこのことだろうか。

マダムと車掌にお礼を何度も述べ、マンハイム駅で降りて電車を30分ほど待ち、なんとか帰りの電車に乗り込めた。

これで後はフランクフルト空港まで30分、トランジットだから手荷物検査ぐらいであとは大丈夫だと安心したところ、今度はフランクフルト空港とゲルンスハイムの間で15分停止するというアクシデント。

結果的には15分という短い時間だったが、Deaf(デフ・難聴)の自分にとっては、アナウンスも聞き取れないので、その時はいつ出発するのかわからかったこともあり、再び青ざめた。

やっと電車が動き、なんとか空港についたときは離陸45分前、大急ぎ走って手荷物検査を通過し、なんとか搭乗ゲートにたどり着いたときは出発10分前とギリギリだった。

3時間早めに出発してよかった…と心から思った瞬間である。
マダムにも車掌にも会わず、どうなっていたのだろうか?

汗だくで座席に着きながらそんなコトを思ったドイツだった。

みんなも慣れない旅先は想定以上の余裕を持って出かけようね!

コメント