Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Deaf(難聴者)が不特定多数と同時に話すことについて考慮してみた

Deaf(デフ・聴覚障害)
前回はプレゼンテーションや発表など自分から不特定多数へ話す、一方通行の話についてまとめましたが、今度は同時に相互会話について書きます。
これは私だけじゃなく、聴覚障害者にとっても最大級の悩みとも言えるんじゃないかなと思っています。

Deaf(デフ・聴覚障害者)同士なら同時やり取りは可能

手話ができる聴覚障害者同士なら手が見える位置であれば、(よほど離れていない限り)どこでも会話ができます。
これが手話ができない人は基本口元を見る事になるんですが、Deaf同士だと手話がスピーディなので、手話がわからず同じ聴覚障害者でも会話が置いてけぼりになることもありました。
聴覚障害者同士なのでその辺は理解しているから、周りの配慮があれば通訳してもらえることもあるんですが、そうでない場合は厳しいですね。
なので、聴覚障害者同士でも手話を覚えている人と、そうでない人は会話が通じないことも多々あります。

Deafは健聴者相手での同時やり取りが難しい

相手が健聴者たちの場合はそうはいかないです。
聴覚障害の等級が低かったり、中途失聴など健聴者から聴覚障害者になった場合だと、会話のテンポや聞き取りは慣れているので、自分のように言葉を理解する前に聴覚を失った場合とでは聞き取りに雲泥の差があります。
自分のポジションによっては口元も見えないし、会話のスピードも早いので、理解するよりも聞き取りに追われてしまい、結局何をしゃべっていたのか分からなかったことはしょっちゅうあります。
ひどい時は全体の10分の1も分からず、ウンウン言うだけで、ただ時間を浪費するだけという事もありました。
会社のミーティングではこの傾向が顕著で、見かねた当時の上司がパートさんに筆談対応してもらえるよう便宜を図ってくれたんですが、自分ひとりのために時間を割いてもらって非常に申し訳ない気分で一杯でした。
複数の健聴者同士のミーティングや雑談話の相手は同じ健聴者に向けてであり、肝心の仕事やテーマなどを優先するので、聴覚障害に対する配慮は下位にあります。
したがって、聴覚障害者に向けて喋るというのは意図してないにせよ、軽視されがちになってしまいす。

複数の健聴者との会話改善に向けて動いたこと

手話通訳者がいればまたケースは変わるんでしょうが、日常生活でずっと付き添うこともないし、自身で解決しないといけないケースはしょっちゅうあります。
とくに他社主催のセミナーなどは手話通訳を頼めないケースもあり、こういった場合はどうしようもないので、会話をテキストに変換してくれるスマホのアプリ、UDトークを使います。
UDトークの使い方については下記にまとめてみました。
UDトークなどウェアラブルの進歩は目覚ましいですが、実際に利用してみたところ、正確に音声を拾っておらず、誤変換が多くて実用段階にはまだまだ程遠いのが現状です。
対策としては、
  • 専用のマイクを使う
  • 会話するメンバーにUDトークを入れてもらい、変換の認識度を上げる
多少は改善の見込みは見られると思いますが、日常生活で気軽に使うには程遠いので、それら情報のアンテナを貼って行きたいと思います。
皆さんの複数の健聴者との会話やりとりについて、またお聞かせいただければ嬉しいです。

コメント